賢威6.2で最新のSEOを手に入れよう

インターネットは今や、パソコンからモバイルへと移行しつつあり、SEOも携帯特有の手法が求められるようになりました。

SEOが必要な理由で述べたように、パソコンと携帯サイトでは、サイトを閲覧する操作手法が異なる事から、キーワードを上位表示させるSEO対策が、更に求められます。

賢威6.2のテンプレートは、レスポンシブウエブに対応し、SEO対策も強化されたようです。

私たちが、何か調べものをしたい時にすぐに手に取って調べる事ができるのがインターネットの「検索サービス」です。

友達に聞いて解決する事であれば、友達に電話して解決すれば良いのですが、全て質問に友達から回答してもらえるわけではありません。

インターネットで得られる情報が新鮮で、内容も向上しているため、パソコンやスマートフォンで いつでも知りたい情報を簡単に入手できる「検索エンジン」というサービスは、今後も、インターネット上での情報収集の主役であり続けることは明らかです。

賢威6.2は、ウエブサイトに必要なSEOノウハウが強化され、過去最大ともいえるバージョンアップし、ホームページ初心者でもSEOを施されたテンプレートを使って、売り上げに繋げるページ作りが簡単に出来る様になりました。

 

賢威6.2 キーワードを理解する

SEOで最初にチェックすべきは、あなたのWebサイトで何を表現しようとしているかを理解する事、そして、最適なキーワードでグーグルに分かりやすくする事です。

それは、ホームページの記事内の文章の中の、関係の無いキーワードで検索で上位表示されても、売り上げに結びつけられません。

グーグルが何を検索ワードとして抽出するかは、私たちは知る事はできませんから、Googleで検索されるであろう「キーワード」を理解しておく必要があります。

キーワードとは、検索エンジンを利用する際に入力する「検索ワード」のことで、「検索ワード」ともいいます。

ですから、キーワード選定がSEOで重要な要素となり、キーワードを基にページの肉つけをしていきます。

 

キーワード選定はSEOの第一歩

SEOの初心者が、最初に考え込んでしまうのか「どんなキーワードが自分のサイトに相応しいか」という問題です。

アクセスを集めたいサイト、すなわち、検索結果で上位表示したいサイトには、必ずふさわしい「キーワード」があります。

例えば、洋服売るサイトであれば、どんな人にページ見てほしいか?という事です。

インターネットはあらゆる人が「キーワード」でページを見に来ます。

そこで、和服が欲しい人がページに訪れても売り上げに結びつきません。

大きいサイズ、子供用、普通とは変わった服など、訪れてほしい人のキーワードが重要です。

地方だけでしか営業していない治療院が、遠くから往診してほしいと言われても対応できないでしょう。

従って、適切な「キーワード」でなければ、成功に結びつきません。

上位表示すべきキーワードは「お客様が検索するキーワード」であることです。

また、キーワードの中にも成約しやすいキーワードと成約しないキーワードの2種類があります。

成約しやすいキーワードとは、ひとことで表すと「購入する意欲が満々のキーワード」です。

それは、たとえば「緊急性を要するキーワード」が代表的なものでしょう。

成約率の高いキーワードを見つけるには、あなたのWebサイトで取り扱っている商品やサービスの特徴や強みを知ることから始めましょう。

キーワード選定は、購入意欲のあるキーワードを見つける事が、SEOの第一歩です。

売り上げに繋がらないキーワードは、調べものだけしか興味を持っていない訪問者が代表格でしょう。

USBメモリウイルスの感染にご注意を!
USBメモリウイルスの感染にご注意を!

 

賢威6.2を入手したら、直ぐにやるべき内部SEO対策

内部対策とは、Webページのタイトルを最適化したり、本文中の単語の出現率を調整したり、サイト内部に関する最適化のことを言います。

内部対策は、誰でもすぐに実践でき、数日後から数週間で結果が表れるのが特徴です。

HTMLの編集と文章の編集が主体になりますので、WebサイトのHTMLの編集ができるスキルは身につけておく必要がありますが、賢威にはSEOマニュアルも用意されていますので、必要な最低限のスキルは身に付けられるでしょう。

ホームページはHTMLというハイパーテキストマークアップ言語で書きますが、その基本は簡単です。

<title>タグと<meta-description>タグの見出しがあって、本文<body>タグで終わります。

ここで<titIe>タグと<meta-description>タグだけは、細心の注意を払って記述すべきで、最重要ポイントは、どちらのタグも「全て異なる文章、表現で、ページ全体を説明されている事」でしょう。

この内部対策が出来ていないと、外部対策も十分できませんし、賢威6.2が外部対策の軸としている、外部対策も十分できません。

 

賢威6.2 はレスポンシブWebデザインに対応

今までは、携帯電話からのネットアクセスはモバイル専用ページを用意して対応していました。

モバイルの検索エンジンでもモバイル専用の検索エンジンがあり、「Yahoo!モバイル」「モバイルgoo」「GoogIeモバイル」と3つの携帯電話用の検索サービスなどもありました。

しかし、爆発的にスマートフォンユーザーが増えてから、事態は一変し、検索サービスがそれまでの携帯電話用からパソコン用に変わりました。

以降、パソコン用の検索サービスでパソコン、スマートフォン、タブレットの3種類の端末が使われるようになりました。

そのため、1つのURLで3種類の端末に対応したWebデザインが作成されるようになり、それが、GoogIeも推奨しているレスボンシブWebデザインです。

 

レスボンシフWebデザインの特徴

ページは、どの画面解像度でも読みやすく表示される。

どの端末でも表示できるようにコンテンツをひとかたまりごとにマークアップする。

ウインドウサイズにかかわらず、水平方向のスクロールバーは表示しない。

 

今後、スマートフォンユーザーとタブレットユサーがさらに増加し、パソコン用検索サービスが使われますから、ホームページはレスボンシフWebデザイン対応は重要で「賢威」もバージョン6から対応する様になり、「賢威6.2」で、SEO対策も強化されました。

また、スマートフォン非対応のページは検索に影響するとグーグルはアナウンスしています。

 

レスボンシフWebデザインのテンプレート

CMSやブログとして利用されているWordPressもレスボンシブWebデザインのテンプレートをリリースし、「TwentyTWelve」がレスボンシブWebデザインになっています。

ワードプレスはシンプルで、CSSを使って自由にカスタマイズできるのが特徴で、テンプレートを使ってデザインするとデザインノウハウも早く身に付くでしょう。

 

 

賢威6.2と合わせて読みたい、Webデザイン関連書籍の紹介

SEO対策のための Webライティング実践講座

満足度89.5%の人気セミナーを書籍化!

10年後も通用するSEO対策のためのWebライティングの教科書。

Webライティングとは、簡単にいえば「Webで公開するコンテンツを作成すること」にすぎません。また、Webは書籍や新聞などの紙の世界と異なり、非常に歴史が浅いため、まだまだ研究が進んでいない分野でもあります。そのため、多くの既存の専門書やセミナーでは、雑誌や新聞などの紙媒体で利用されてきた方法の簡易版を紹介するだけで、「Webのためのライティング方法」は語られずにきました。

しかし、Webの世界で大きな成果を上げたいのなら、紙媒体で利用されてきた方法ではなく、Webの世界に最適なライティング方法を確立する必要があります。

専門知識のない方でも常に成果を上げ続けられるように、「Webに最適」な「感覚に頼らない」方法を追求し、「提供する情報を持たない人」でもそれを「できる」ようにする「やり方」を提供する、非常に実践的な書籍です。Webの特徴をふまえたSEO対策に効くライティング方法はもちろん、Webだからできる情報収集や改善方法、さまざまな無料ツールの利用方法など、紙媒体とは異なる「Webのための新しいライティング方法」で、高い成果を実現しましょう。

 

SEO対策のための Webライティング実践講座の内容

これ1冊あれば、Webコンテンツの作成がすべてできる本となるように、以下の構成になっています。

最新の状況をふまえた基礎知識のおさらい

SEO対策の効いたWebコンテンツの作成方法

効果的なキャッチコピーの作成方法

アクセス解析によるWebコンテンツの改善方法

目的別Webライティングの注意点

各作業を助ける無料ツールの紹介

流れに沿って読んでいくことで、Webライティングに必要な知識を理解し、常に成果を上げられるWebコンテンツを作成するスキルが身についているでしょう。

SEO対策のための Webライティング実践講座

 

SEOに効く! Webサイトの文章作成術

グーグルは2012年以降、ペンギンアップデートやパンダアップデート、ハミングバードなど、アルゴリズムの変更を積極的に行っています。 これらのアップデートは小手先のSEO対策を行ってきた企業への警告で、自作自演のリンク対策、内容の薄いコンテンツなどを利用して上位表 示していたサイトの順位を大胆に落としています。 そのため、最近ではより一層、コンテンツの重要度が上がっているといえます。 本書では、Webサイトやメルマガなど、そのコンテンツの根幹となる文章の書き方について、わかりやすく解説しています。また、実際の企業 などにインタビューを行い、その事例も数多く掲載しているため、読者の方に理解してもらいやすい内容になっています。

第1章 SEOに効くコンテンツの見つけ方 ~集客力アップ1~

第2章 グーグルに好かれるSEOライティング ~集客力アップ2~

第3章 売り上げを伸ばす商品ページライティング ~成約率アップ1~

第4章 お客様を引き付けるキャッチコピーライティング ~成約率アップ2~

第5章 基本と応用で文章力養成! 「書けるテクニック・14連打」

 

内容(「BOOK」データベースより)

「Webに人を集める」「検索ランキング上位に表示する」には、もはや被リンクに依存してはダメ!企業のWebコンテンツ制作・メールマガジン制作・キーワードライティングのプロが「人を集めるための文章術」を大公開!

SEOに効く! Webサイトの文章作成術

 

賢威6.2にはSEOマニュアルもありますので、これらのWebデザイン関連書籍と合わせて読む事で、更にSEOの効いたデザインの知識が身につく事でしょう。

 

賢威6.1

賢威